十八番(おはこ)

カラオケや歌会をすると一番上手でいつも必ず歌う大切な歌がある。
なぜかそれを十八番という。歌舞伎十八番から来ているそうで「その人の一番得意な物」という意味らしい。うちの皆さんにもそれぞれ十八番があって、一番多いのは演歌。美空ひばりさんや石原裕次郎さんの昭和歌謡。でも中には、ビートルズが大好きな人やジャズを聴いていたという人、1970年代のフォークソングが大好きな人もいる。一番のびっくりは中居正広さんのファンだという90代のようこさん。そうよ、SMAPの中居さん。お名前の入った団扇や写真の入った枕やマグカップや、押し入れの中はSMAPグッズで溢れていた。着ているものもタオルも全部SMAPだった。日本中を追いかけていたらしい!すごいよね。
それぞれの年代の歌を覚えるのも仕事の内だと思っていたし、何だって一緒に歌えなきゃ楽しくないって思っていた。だからどんな曲も聴いたし、歌った。
みんなそれぞれの年代の曲が一番なんだと思っていたけど‥ちょっと違うのかもっていう出来事があった。去年の年末、ジャニーズのグループ「嵐」が活動を休止するってことで紅白のステージで歌う「カイト」という曲を歌った動画を送ってくださいって募集があった。米津玄師さんが作った曲ですよ‥ぴいがみんなで歌おうって言い出して。いやいやいやいや‥聞いたことも見たこともない曲、しかも聞いたって今のこと忘れちゃう、テレビ見ても忘れちゃうやん、興味もないし さ。とは思いながら歌って応募出来たら楽しいだろうなぁとも思っていた。その送った映像は大晦日の紅白歌合戦の嵐のバックに映し出されると聞いて俄然やる気になった!!日々「カイト」を流して職員が口ずさむ。歌詞を書いて吊るしておく。強要はしなくて、ただ何となく歌い続けた…♬そしたら 歌えるようになったんだ。しかも結構上手なんだ。もしよかったら去年のInstagramを見ていただけたらみんなで歌った動画が公開されています。

カイトを歌い動画取っているところ♪

そしてそして、クリスマスに「花は咲く」とキロロさんの「冬のうた」をばあちゃんたちは披露した。諦めず歌い続けた職員が偉い!でもいつの時代の歌も心に刺されば覚えられるし、歌えるし、好きになるんだ。素敵なこと!

私には十八番がない。歳を取って老人会とか施設とかに入った時にどうしよ。何が好きって、どんな歌好きって言うのだろう。毎年好きな歌が更新されて、いつも「今」好きな曲がある。古い歌をいい歌だな、懐かしいなと思うけど今好きな歌は違っていて‥まぁだから、いつも聞いてる十八番曲がない。いつも唄う十八番歌がない。だからってなんでも唄えるなんてわけじゃないし。笑‥私のことは良いか‥笑「私の十八番(おはこ)」っていいなぁ、でもいくつになっても新しい楽しい事もやってみれば案外「おぉっ!」いいやんってこともあったりね、この人の時代はこれ!この人にはこんな歌無理だろうってなことは決めつけちゃいけないね。どんな時代のどんな歌もいい。新しい発見と楽しい事はどの時代とかないんだよね。皆を巻き込んで一緒に聞いて歌って踊って楽しい時間をいっぱい作りたいと改めて思った次第で‥素敵ってお話でした。

次は、BTS。クリスマスに踊る作戦!!!!! 今から頑張らんと間に合わんでしょ~よ♬♪♫

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

もの申す!!!!!

次の記事

父の教訓