かんたの遺志を継ぐもの ふうたくん

かんたが亡くなって3年になる。13歳まで皆と一緒にめいで働いてくれた。名物介護犬。知らない人が来たら吠えて、めいにいるじいちゃんばあちゃんには決して吠えず優しくそばに座っていた。エレベーターには一番に乗って3階のリビングで寝てデイサービスでご飯を食べる。玄関先のソファに座りやってくる人を見てくれていた。

最高の番犬。開所した時から居るかんたは自分より後で入職した職員の言う事は聞かない。散歩にもなかなか行かない。お手もしない。そこがかわいい!!
かんたを見送ってふうたが来たけど、サモエドとゴールデンレトリバーのミックス犬でかんたの3倍大きい。喜んで飛びつくとみんな転んでしまう。
まずは、ちゃんとばあちゃんたちと暮らせるように訓練!訓練!・・と警察犬学校に通う事1年。訓練所の先生が言うには「賢い子」だそう。先生と歩くと横について歩きじっと待てる。どんなこともがんばっている。別人?別犬?
まだまだめいで放すのはこわいので我が家でお預かり中だけど、大きな赤ちゃんは甘えたで飛びついてくるし、気になるもの見つけたらすっ飛んでいく。散歩中にボールなんか見つけたらもう・・猛獣のように襲う。(笑)
いつになったらめいの番犬になれるのかしらと先の見えない、でも楽しみに心は踊り続けている。なんでもかんたと比べないでやろ。気をつけなきゃ。
かんたのいた めいの景色は私たち全員が覚えている。かんたが今も一緒にエレベーターに乗っている気がすることや、後ろを歩いている気がして振り返ることはよくある。
その度、嬉しくなる。そこに、ふうたを混ぜてやってね。何時の日か、ふうたがソファの下の皆さんの足元で寝そべっている景色が見られることを夢に見ている。
いやいや、夢じゃないし!!のそのそと皆の周りに居場所を見つけ、皆に愛されて抱きしめてもらえる日が来る。みんなから「ふうた!」「ふうくん、おいで」「これ食べ」「散歩行くか?」「ここで寝ぇ」と言ってもらえる日が来る。
賢い子・ふうたは今日も警察犬学校で訓練に励んでいる。緊急事態が晴れて解けたら賢い子コンクールにも出るらしい。訓練所の先生がそう言ってくれていた。
楽しい夢に向かう道は険しい方が叶った時の喜びは大きいはずだから、
ふうた、がんばろうね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

襟を正す日 「外部評価」