ベタープレイス株式会社って名前の由来・・。

「あなたは子供の頃になりたかった自分になれていますか?」という問いに「はい!」と答えることができる人がどれくらいいるんだろう?
私の子供の頃になりたかった私ってどんな人だっけ?って思い返せないくらい私はごくごく普通の何のとりえもないどっちかと言うとものすごくどんくさい下町の女の子だった。ひいおじいちゃんとおじいちゃんとおばあちゃんとお父さんの弟と父母、私と弟の8人家族でただ賑やかだったんだ。そして、この大人数だから家の鍵なんか見たことも掛けたこともなくてね、幸せな事かもね。その頃はそんなこと考えもしなかったけど。うわぁ、又話それた!!どうしてベタープレイスかって話ね。
子供の頃のなりたい自分じゃないけど、この仕事をしているなりたい私はいるわけです。なりたい施設はあるわけです。あそこのこの施設!とかじゃなくて私の思い描くものだから何の形にもなってないし、日々変わるし、思い付くし、ね。
でもね、絶対これだけは言えるのは、今日より明日、明日より明後日、今年より来年、二年後・・三年後の方がもっとここが好きだって思える場所でありたい。
皆がこの場所と自分と自分と一緒に働く相手を思いやることができるように・・
これです。

Heal the world

There’s a place in your heart
And I know that it is love
And this place could be much
Brighter than tomorrow
And if you really try
You’ll find there’s no need to cry
In this place you’ll feel
There’s no hurt or sorrow

君の心にはある

愛のある場所が
きっと明日よりもずっと明るくできる
そう望んだのなら
泣く必要なんてないと気付くだろう
この場所には
痛みも悲しみもない

There are ways to get there
If you care enough for the living
Make a little space
Make a better place

たどり着ける道はたくさんある
生きるものを十分に思う気持ちがあるのなら
少しでも愛のある場所を作って
もっといい世界にしていこう

Heal the world
Make it a better place
For you and for me
And the entire human race
There are people dying
If you care enough for the living
Make it a better place
For you and for me

世界を癒そう
もっといい世界にしていこう
君と僕にとって
そして世界中の人々にとって
苦しんでいる人たちがいる
生きるものを十分に思う気持ちがあるのなら
少しでも愛のある場所を作って
もっといい世界にしていこう

If you want to know why
There’s love that cannot lie
Love is strong
It only cares of joyful giving
If we try we shall see
In this bliss we cannot feel
Fear of dread
We stop existing and start living

どうしてかって
真実の愛がある
愛は強い
それは喜んで与えるだけ
やってみたらわかるさ
この至福の上では死の恐怖なんて感じない
さあ存在するのをやめて、生き始めよう

The it feels that always
Love’s enough for us growing
So make a better world
Make a better place

僕たちが成長するには愛だけが必要さ
だからもっといい世界を作っていこう
もっといい場所を作ろうよ

Heal the world
Make it a better place
For you and for me
And the entire human race
There are people dying
If you care enough for the living
Make a better place for you and for me

世界を癒そう
もっといい世界にしていこう
君と僕にとって
そして世界中の人々にとって
苦しんでいる人たちがいる
生きるものを十分に思う気持ちがあるのなら
少しでも愛のある場所を作って
もっといい世界にしていこう

And the dream we were conceived in
Will reveal a joyful face
And the world we once believed in
Will shine again in grace
Then why do we keep strangling life
Wound this earth, crucify its soul
Though it’s plain to see
This world is heavenly
Be god’s glow

僕たちがえがいてきた夢が
喜びの顔をみせて
信じてきた世界が
もう一度輝きだす
なのになぜ私たちは生命を傷つけ
地球を汚し、魂を苦しめる
簡単にわかるのに
この世界が天国だってこと
神の輝きとなれ

We could fly so high
Let our spirits never die
In my heart I feel you are all my brothers
Create a world with no fear
Together we cry happy tears
See the nations turn their swords into plowshares

高く飛ぶことができる
私たちの魂を絶やしてはいけない
私たちはみんな兄弟なんだ
おそれのない世界を作ろう
一緒に幸せの涙を流そう
世界中の国々が剣を鋤に持ちかえるのを見よう

We could really get there
If you cared enough for the living
Make a little space
To make a better place

きっと辿り着ける
生きるものを十分に思う気持ちがあるのなら
少しでも愛のある場所を作って
もっといい世界にしていこう

これは、マイケル ジャクソンさんの「Heal the world」という曲です。
曲の中に何度も「better place」と言う言葉が出てきます。
もっといい世界に向かって生きたいからこの曲のこの言葉を会社名にいただきました。

私は、なりたい自分に向かっていると思っています。
コロナや日々のちょっとしたことで心ポキポキ折れた風な事私すぐ言うけど本当は‥(笑)まだまだいける!を繰り返しているし折れていそうでなかなか折れないのも強みです。
かっちゃんとずーっと昔一緒に走ってたことあってね、5キロくらい走ったら私「もう無理っ」って走るのやめようとするとかっちゃんは必ず「もう無理って言ったところからが勝負や。無理って言えるとこはまだ無理じゃないとこや。あと3キロ走れる」って追いかけてこられた記憶が恐ろしくて・・。
もうだめだー!!からの巻き返しが本当のめいの家の底力かもしれないね。
もしかしたら、一生なりたい自分に向かって生きられることが一番幸せな事かもしれません。 

「better place」今後ともよろしくお願いいたします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

忍び寄るコロナ 私の妄想

次の記事

二十五話 爺様がつないだ絆